アイメイクは年代により見直しが必要です

お化粧で気にするところは、やはりアイメイクですね。目元の印象は、アイメイクでかわるのでとても大切です。 アイメイクはアイシャドウ・アイライナー・マスカラなどありますが、その色でも印象も違うしまつ毛が上がっていると目も大きく見えますね。でも、まつ毛のビューラーを毎日するのは意外と面倒で、うまくできないときもあるのでまつ毛パーマにすると楽になります。カールの感じも選べるし、時間もそれほどかからないのでビューラーが苦手な人にはおすすめです。 そして、アイメイクも年代により変わっていきます。 20代は、目を大きく見せるためにアイメイクを工夫したり、アイシャドウの色もちょっと遊んでみたりアイラインをしっかり描いたりと楽しめます。 30代は、肌なじみのいいブラウンのアイシャドウが人気で大人の女性を演出できます。 40代は、今までのアイメイクを見直す時期です。アイシャドウはナチュラルにオレンジ系のパール入り、アイラインはブラウンと自然なナチュラルアイメイクが大切になります。 このように、年代にあったアイメイクをしないと、逆に老けて見えたりするのでメイクも見直しが必要なのですね。アイラインを黒からブラウンに変えたり、アイシャドウの色を変えたりと少し変えるだけその年代に合うメイクになります。アイメイクのポイントは、年代に合ったアイメイクをするコツなのです。 
© 2019: まつエクはキープ!正しいメイク落とし3つのポイント | Travel Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress