自分に合ったアイメイクを

PR | 下松市の注目エステといえば | 長崎市でリンパマッサージならこのエステ | 四国中央市のニキビ解消エステサロン | 静岡市でセルライトを退治 | 渋谷の痩身で最強のエステサロン |  身長を伸ばす方法・食事編 |

目元のメイクは顔の印象を決めるほど重要な部分です。自分に合った、素材をいかしたメイクにすることが大事です。

基本のアイシャドウは薄い色から濃い色へのグラデーションをつくることで立体感がでて印象的な目元になります。
また季節によってカラーを変えて変化をもたせることで自分自身も楽しむことができます。
アイホールには薄い色を乗せ二重部分には濃い色を乗せると二重のラインがよりくっきりと目立ちます。目尻にもう1段階濃い色を乗せると垂れ目効果があります。

一重のアイシャドウは色も大切ですが質感を重視して選びましょう。マットなものだと腫れぼったく見えてしまうので透明感のある物やパールの入っているものを選びましょう。
また目尻にピンクやオレンジなど明るい色を乗せることで目元が華やかになります。

アイライナーは目のきわに細く、自分の目の形に沿って引きましょう。
睫毛の隙間を産めていくようなイメージです。1度で引いてしまうのではなくちょんちょんと乗せるように引いていきましょう。

一重のアイライナーは太くなってしまいがちですがあまり太くすると目を閉じた時に不自然になってしまいます。まず睫毛の隙間を埋めるように引き、目を細めながら少しずつ足していきましょう。一気に引いてしまうと太くなりすぎるので少しずつバランスを見ながら足していくようにしましょう。

目の下のアイシャドウは薄いオレンジやピンクを乗せます。涙袋を強調させるためでもありますが、下まぶたにアイシャドウを乗せることでマスカラがついてしまうことを防げます。
下まぶたのアイライナーはペンシルで薄くなぞる程度で大丈夫です。全てなぞるのではなく黒目終わりから目尻にかけてです。そして目尻側を綿棒で少しだけぼかしてください。また、ペンシルでは濃すぎる場合はブラウンのアイシャドウでなぞるだけでも充分です。
囲み目になってしまうと目が強調はされますが不自然さがでてしまいます。そして囲むことで幅が決まってしまい目が小さく見えてしまいます。

目元のメイクはただ濃くするのではなくあくまでも自然に、自分の目の形に合ったメイクにすることでより可愛らしく印象的なアイメイクになるでしょう。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|AGAでお悩み解決|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|ダイエットチャレンジ100日|健康マニアによる無病ライフ|


Comments are Closed

© 2019: まつエクはキープ!正しいメイク落とし3つのポイント | Travel Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress